HOME>コラム>スタッドレスタイヤって一体どんなタイヤ?魅力に迫ります!

スタッドレスタイヤって一体どんなタイヤ?魅力に迫ります!

雪とタイヤ

ノーマルタイヤとの違いを解説!

新しく自動車を購入したときに、初めから取り付けられているのはノーマルタイヤという種類のものです。こちらは日本では主に春から秋までずっと装着していられるため、まさに一般的(ノーマル)なタイヤといってもよいでしょう。しかし、雪が積もったり道が凍ったりする冬には対応してないので、スタッドレスタイヤというものが必要になります。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤとは違った加工がされていて、濡れている道路へのグリップ力が格段に強くなっているのが特徴です。雪や氷があっても滑らずに走れるため、寒い冬に運転する場合には必需品となっています。ちなみに昔は冬用のタイヤにはスパイクがついていたのですが、道路を削ることが問題となってスタッド(スパイク)レスタイヤができました。

雪道

安全性に優れたタイヤだと言える

夏のよく晴れた日にドライブにでかけるというのなら、ノーマルタイヤでもまったく問題がありません。しかし、冬という寒く天気が不安定な期間の場合は、いつ道路の状況が変わるのか分からないのが問題になります。もしも、道路の状況が悪くなったときには、ノーマルタイヤでは滑りやすいので、とても安全とはいえないでしょう。その点、スタッドレスタイヤなら雪や凍った道になったとしても、そのまま安全に走れるため、冬になる前に取り替えておくことがおすすめです。なお、数多くのメーカーからスタッドレスタイヤが販売されているため、グリップ力などにも違いがあります。メーカーのホームページには急ブレーキをかけた場合の実験結果などが載っているので、それらを参考にして、よりよいスタッドレスタイヤを購入しましょう。